人気ブログランキング |


        掛け軸は、小さい作品でも飾れるように仕立てます。
        今回は特別小さいものを例にとりました。
        布の力を借りて、楽しくてやめられない表装の世界です。

        この画は明治時代、さる奥方様がお描きになったもの。
        縦4センチ 横8.5センチ の小さな 春の三山
        表装では小さいものは台紙張りといって、二番唐紙という薄い紙に貼りこみます。

        参考までに周りの裂は江戸時代の銀襴、とても貴重なものです。
        (黒っぽく変色しているところが銀です)


f0368415_21585713.jpg




         これは幅 2㎝ の古い和歌の上の句だけの断簡
         周りをアールヌーボー風の赤と黒の布(多分 羽織裏)
         その周りは 黒地に水玉の字模様がある 新作表装布

         
f0368415_19400061.jpg



       どちらも、布の力とデザイン、取り合わせで作品となります。




by izumi-hyousou | 2019-04-30 00:28